TALK TONIGHT

In Bohol Island

デング熱

デング熱は私の人生で一番しんどい病気だった。2週間も高熱が続き、筋肉痛・関節痛が起こる。激しい頭痛と吐き気もある。

また、血中の血小板が壊れてしまい、数値があまり下がると輸血しないといけなくなる。私も3人のドナーをすぐ探せと言われた。しかしここフィリピンでは私の血液型、AB型は非常に稀でなかなか見つかりそうになかった。

 

近所の人や教会のメンバーなどみんながそれぞれの周囲の人に声を掛けて探してくれたおかげで3人確保することができたが、見つからなかったらどうしようかと思った。

遅すぎると輸血も間に合わず、全身の血液を入れ替えるしかなくなると言われた。

 

とにかく、周囲の人の祈り、励ましで何とか輸血も免れて退院することができたが、神さまが私の周りにたくさんの助け人を与えてくださったからこそ無事に助かったのだと思える。また旦那もずっと看護してくれていた。私は無力だった。

 

もう2度とデングにかかりたくないので、帰宅してから蚊に非常に注意している。面倒だけれどもうあんな目に遭いたくない。