TALK TONIGHT

In Bohol Island

教会

今日ダン&マリー先生の引っ越しのお手伝いの際にいろいろ話してて分かったこと。

 

うちのお隣のクォン先生家族や韓国人女性宣教師とディビッドさんが去年立ち上げたBohol International Churchは、韓国チームが分かれてしまってすでに別々になっていたようだ。

なんとなくそんな気がしていたけれど、やっぱりそうだったか。

 

ディビッドさんたちが新居兼教会になる物件を探して引っ越しし、クォン先生も新居兼韓国語教室ができる大きい一軒家を探しはじめ、ダン&マリー先生も一軒家に引っ越したうえ元の教会を出てディビッドさんたちの教会をサポートしているという。

 

元々、親子でもサポートはしないと言っていたけれど、ディビッドさん&フェーさん夫婦側からぜひ助けてほしいと頼まれたらしい。

 

こっちでは割と引っ越しや仕事替えを簡単にする土壌があり、何事においても計画性がないせいか、たとえ外国人であっても何かを始めてはすぐやめるといったことが頻繁に起こっている気がする。

 

こと教会ということでは、日本だと一般の教会員でもそう簡単には教会を移ったりしないし、ましてや牧師をはじめとする教職者であれば公式な転属等の理由でもない限り滅多にないけれど、こっちではいともたやすく皆、その場の自分の都合や状況に応じて動いている。どっちがいいのかは分からないが……。

 

何にせよ田舎の狭い土地で共通の知り合いも多く、顔を合わせることも多いわけだから、意見の相違などで別れることになっても、円満にしておくにこしたことはないと思う。