TALK TONIGHT

In Bohol Island

探し人見つかる

何か月も探していた人をモールで見つけた。長い旅だった。

うちの車の前持ち主、リタイヤ移住のオランダ人のおじさんFだ。必要続きが終わる前に携帯番号が変わっていて連絡が付かなくなった。わざとなのか、気に留めていなかったのか、とにかくこちらはそのせいで非常に困った状態になっていた。

 

彼の前住所の役所とか近隣とかをとにかく探し回るとか、彼が使っていた弁護士事務所に来た時に捕まえてもらうとか、色々策をめぐらしてきた。

 

彼もうちと一緒のモールを使っており、カフェでよく見かけていたのにある時を境にぴったり見なくなって、もしかしたら御年柄、亡くなったんではないかとか、国へ帰っているか他国あるいは遠方へ長期で行っているのではないかなどいろいろ考えて、不安になっていた。

 

なんせこのおじさんから必要物をもらわなければ名義変更ができない。フィリピンの役所、働いていない癖に、そういうことには融通が利かない。

 

なんで10か月もそんなことになっていたのかはいろいろありすぎて、不幸にも悪いほうへと物事が動いてしまった事実があり、詳細は長すぎるので割愛。私たちもこのことで数千ペソを無駄に費やし、いまだ毎月ペナルティがかかっている状態だ。

 

こっちでは探偵社とかそんなんもないし、人探しとなると結構やっかいだなという事が分かった。また、連絡が携帯テキストか電話の一本やりなので、携帯が変わるとやっかいだ。

SIMカードが壊れて携帯を変えたと言っていたが、私も多分携帯が変わったのはそんな理由だろうとは思っていた。実際、うちもSIMがすぐ壊れて番号を変えたことがある。

 

なんにせよ、今日、出掛ける最中にたまたま見つけたのは幸いだった。これでようやく解決の目処が立った。この件で常に憂鬱でもあった。

本当に感謝なことだ。私は目が良くてよかった。いつもFさんがいないかモール周辺では意識して探していたこともある。

 

Fおじさんは昨年8月結婚したそうで、今日連れていた若いフィリピーナが奥さんだという。前も違う女性を連れていたが……まぁいいか。