TALK TONIGHT

In Bohol Island

Graham Coxon

一番すごいギタリスト、ギターといっても弾く人、そのセンスによって千差万別で横並びに決められたものではないが、私の場合、一番と言われればGraham Coxon

 

私が思うに、フィリピンではアートが育たないのと単純明快なものしか流行らない。

私はフィリピンでの生活はぴったり性に合っているが、ぴったり来ていないのはやはり音楽、アート全般だと思う。何というか、全方向にだめだと思う。

社会が子どもっぽい(平均年齢が低いからか)、単純すぎるせいではないか。

金持ちの家でもすごいお金かけても、センスがひどい。なんでわざわざ大金使ってこんなんにするかな?!というインテリアだ。

とにかく有形無形すべてのもののセンスが悪い(一部民芸品は除く)。

 

そういう欲求がたまっているのか、アクリルたわしを編みながらちょっと久々にGrahamをまとめて聴いてみた。同世代だから余計そう思うが、やっぱりすごい!

全方向にすごいので(あくまで私の趣味として)うなってしまう。

ソロになってからのほうがすごい。しかも段々いい。私の中で、ミュージシャンやバンドで最初より段々いいというのはたった2人か3人しかいない。(今のところ)

たまたまみんなイギリス人だ。

 

でもイギリスで住みたいかと言われれば、寒すぎて耐えられない。それ以前にそんなお金がない。

何にせよないものねだりで、気候とお国柄、音楽性なんてのももちろん切っても切れない関係だろうから、フィリピン人でイギリス音楽のセンス、というのもまた有りえない。あっちが立てばこっちが立たず。

寒さに弱い私にとっては結局フィリピンで、なんだか寒いイギリス音楽を聴いているのが一番か。

(アメリカ音楽その他の音楽も好きです)