TALK TONIGHT

In Bohol Island

隣の家に18人の住人

今、こちらはバケーション中でもあり、お隣にも親類たちがロングステイしている。

今日、そのうちの1人の女子高生と会って″今、何人家に住んでる状態?”って聞いたら11人かなというから、そんなハズはないと思い、もっとおるでしょう?!と突っ込んだ。

 

そして2人で名前を挙げて一緒に数えてみた。そしたら18人だった。彼女もびっくりして笑っていた。

 

お隣のレギュラーメンバーは7人で、家は4LDKでそこそこ広い(こっちでは普通かもしれないけど)。そこに11人の来客が加わっていたのだ。みんなバラバラだが3週間以上の滞在予定で結構長いと思う。

同じボホール島内の親戚が5人にイギリスから6人。子どもはそのうち5人。

 

どうやって寝ているのか、生活しているのかは不明だけれど、フィリピン人のすごいところは、そういうことに全くストレスを感じないことだ。

日本人なら家族親戚の1泊とかでも気を遣うし、ストレスになるだろう。プライバシーもほしいと思うだろう。でもこっちの人にはそれがない。高校生以上の子たちは率先して子どもの面倒を見るし、とても楽しそうだ。

仲たがいしている風な人たちもいないし、いつもみんな仲がいいのだ。これが不思議だ。嫁姑問題とか日本みたいなのはないと思う。