TALK TONIGHT

In Bohol Island

ホットチョコ

こっちではチョコのタブレットが安価で売っている。砂糖も加えられていないカカオのタブレットだ。

フィリピンではカカオが取れるので、国産カカオはこういった形で身近に存在しているが、その割に普通の板チョコとかトリュフチョコとかすぐに食べられる形のチョコがない。

若干土産として売っているが、すごいまずい。じゃりじゃりの砂糖の甘さ満開だ。後は海外メーカーのライセンス品のチョコか輸入品になるので結構高い。

 

タブレットのカカオは甘さを付けていない状態なので、お菓子やホットチョコの材料として使われている。

私の場合、ホットチョコは好きなので最初から砂糖などが入っていてお湯に溶かすだけのタブレットを買っている。

ここのところ毎晩のように飲んでいるので顔がブツブツしてきた。うちはお菓子等を置いていないので(ほとんど食べないため)、たまに甘いものが欲しくなったときにはホットチョコが効く。最近はそれがクセになってしまったようだ。

チョコは依存性が強いのかもしれない。