TALK TONIGHT

In Bohol Island

パスコ隊が来ない

11月ぐらいから来るはずのパスコ隊(Pasko=クリスマス)が今年は災害が相次いだせいか、全く来ていない。

パスコ隊というのはうちで命名したものだけれど、クリスマスに各家へ賛美歌を歌って回るキャロリングのようなものだ。子どもだけのときもあるし大人だけのとき、大人子ども混合のこともある。

普通のキャロリングと違うのは、歌を歌って(上手くない)お金をもらうことを目的としていること。

 

1日に何組も何組も次々やってきて、お金などをあげるか断るなどするまでずーーっとしつこく家の前で歌い続けるのでうるさいのだ。

これが今年は全く来ていないし、町中でも見ない。元々、どこか遠くの地域から遠征してきているような人たちだったので、震災の影響で来れなくなっているのかもしれない。(3年前から政府で禁止(取り締まり?)されたという事も聞いたが)

 

今年は停電や電気代の臨時高騰でクリスマスの電飾ピカピカの家もほとんどない。電飾好きでクリスマスのお祝い命のこっちの人にとっては、本当にさびしいことだろう。