TALK TONIGHT

In Bohol Island

暑い国のほうが風邪を引きやすいかもしれない

常夏の国では風邪なんて引かないと思っている人も多いと思うけれど、実際には私も含め、現地の人もみんな、しょっちゅう風邪引き、発熱、咳などで具合が悪くなっている。暑いのに熱?!と思うかもしれないが、熱を出す人は多い。

 

先日、北海道から来られた方が、こっちでタクシーの運転手が寒いからって長袖の上着を着始めたので笑ってしまった、とおっしゃっていたが、年間の気温差がほとんどない常夏の国ほうが、わずかな気温の上がり下がりに敏感になる。

現在、昼間28度ぐらいなのにブルゾンやパーカーを着ている人は普通にいる。

 

さっきも旦那が、あー寒い寒い、今晩は冷えるねー、上着着てくると言って、長袖TシャツをTシャツの上から着てきた。やっぱり今日は寒いよ、今、室温計見てきたら25度だったから!と。

 

日本人から見たら笑えるが、こっちの人の(そして私たちも段々と)感覚はそういう感じだ。ものすごく寒さに弱くなるのだ。私も風邪をしょっちゅう引いている気がする。(私の場合はほぼ9割方、強すぎるクーラーに当たった場合にのどをやられて風邪、というパターン)

四季があったり、寒い国(地方)のほうが風邪や発熱は少ないのかもしれない。