TALK TONIGHT

In Bohol Island

退社した仕事先の人

長らくお世話になってきた仕事先の若い女性(と言っても30になったかなってないかぐらい)が本日で退社となった。非常にさみしい。

 

こっちへ来てからは電話かメールのみで直接全く会えていないけれど、結婚式にも来てもらったりして、仕事以上の親しさがあったお一人だった。

フィリピンに来てからも確か仕事関係者では真っ先に国際電話をくれたのもこの人だった。

 

最初出会ったのは彼女が22,23歳位の時だったと思う。若いのにすごい落ち着いていて、なんか私の周囲にはいない、皇族のような育ちの良さというか独特の上品さがあって、すごい不思議な人でもあった。

 

退社した会社は離職率がものすごい低いし和気あいあいといい感じの所なので、多分、(今も不足はないけど)若いから他の仕事や会社も経験してみたいというような理由で辞めたんじゃないかなーと私は思ったが、やっぱりまさにそのようだった。

しばらくは退社後もまだ今関わっている仕事を引き継ぐらしく、すぐさよならーという訳ではなさそう。

 

また退社後の連絡先も頂いたので公私共々またやり取りできる間柄でいたいなと思っている。そしてまだまだ若い彼女のこれからの歩みを応援したい。