読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TALK TONIGHT

In Bohol Island

不気味の谷

今日、仕事の資料の中でおかしくて吹きそうになった文があった。

 

ロボット開発者がロボット開発についてのことを書いているのだが、ロボットを

人間に段々似せていくと親和性が生まれるが、あまりに人間に似せ過ぎてくると今度は逆に人間はそのロボットに不気味さを感じるようになる。その分岐点を「不気味の谷」と言う、とまじな文書の中に書いてあったので、そんな業界用語ほんまにあるんか?!と、まぁ笑いました。

 

結論として、まぁほどほどにロボットはロボットらしく作るのが一番だとかなんとか締めくくられていた。