読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TALK TONIGHT

In Bohol Island

読書熱

最近仕事後の気晴らしはもっぱら読書となっている。

現代長編ではイマイチと評価していた宮部みゆきの江戸もの短編がものすごい面白くてついつい夜更かししてしまう。

 

長編も昔かなり読んだが、出だしスリリングでとてもうまいのに、広げ過ぎた風呂敷がしまえ切れていない最後だなと思うことが多くて、もう読まない!と憤慨したこともあった。

 

でも人に頂いた本がたくさんあってその中にあったのを江戸ものから読み始めたら意外なほど面白かった。よくこんな面白い話が思いつくよな、と感心する。だからこそプロ作家な訳だけれど。

 

で、なんでこういう江戸ものと推理ものに分かれているのだろうか?と思って調べたら、下町育ちで小さい頃から落語や怪談なんかを聞いていたこと、また、作家になる前は弁護士事務所に勤めておられたそうだ。なるほどー。

 

なにはともあれ江戸文化って面白いよなと思う。