TALK TONIGHT

In Bohol Island

文庫本の字

文庫本の字の大きさの変化がすごいなぁとしみじみ。

昭和40年代の文庫本の字なんか、大きさだけじゃなく文字も痩せてるし、本自体が汚れていたりすることもあって、すごい読みづらい。

 

でも、しばらくすると、そういや文庫本の字って昔はこんなんだったなぁとなんとなく慣れてくる。その後で最近の本を開くと、その字のでかさにまたまた驚く。ま、要は慣れ、ってことなのかもしれない。

 

あと、文字の大きさだけじゃなく、同じように、漢字がどんどん減っていったという面もある。