TALK TONIGHT

In Bohol Island

明智小五郎

江戸川乱歩小説の明智小五郎ものを初めて読んだ気がする。頂きもの文庫の古いやつで、活字が小さすぎて挫折しそうだがなんとか寝る前ちょっとずつ頑張っている。

 

今年からはちょびちょび本を読むのが一番の気晴らし、頭の休憩になっているが、結構誤植を見つける。

今読んでいる明智ものでは、今ではもう無い誤植を見つけた。ひらがなが横に寝ていたのだ。要するに向きを間違っている。活版印刷時代でしか起こらない誤植、なんだかうれしい発見だった。

DTP組版時代以降はそんな誤植はカナでは起こり得ないし、見たことがなかった。

 

それはともかく、大手の書籍でも結構誤植ってあるもんやなぁとこの1年でしみじみ思う。