TALK TONIGHT

In Bohol Island

豚の丸焼き

こっちの祭りやお祝いには欠かせない豚の丸焼き。

今日もクリスマス祝会で子豚の丸焼きを食べたが、行く道の途中でも大豚の丸焼きを作っている家があった。大豚の丸焼きは大変難しいだろう。

 

もちろん、巷に“丸焼き屋”というものがあって、プロに頼まないと素人に丸焼きは無理だ。皮はパリパリ、中身はジューシーにあんな大きなものを焼くのはすごい経験が必要になるだろうと思う。

 

今日のは子豚で5000ペソ。円安だけど今のレートだと1万5千円程するものなのだ。こっちではごく普通の勤め人の1か月分の給料に相当する非常に高価なものであるにもかかわらず、そういうことにはお金を惜しまないフィリピンの人たち。

豚の丸焼きも年々じわじわ上がっている模様。しかし、祭りや楽しみには後先の事を考えず、惜しみなく大枚をはたきます。

 

ちなみに鶏の丸焼きは160ペソ(500円弱)で、地味なので祭り向きのものではないが(普段のごちそうという位置づけか)、私は鶏のほうが好きだなぁ。