読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TALK TONIGHT

In Bohol Island

立ち話

同じアパートのアメリカ人おじさんと出くわし、ものすごいお喋りな人なので思わぬ長い立ち話に付き合うはめとなった。

私は、彼ら家族も長くはここにいないだろうとうすうす感じていたが、やはり最近決意したのか来年年明けにはカリフォルニア(ロスの近郊都市)へ戻るそうだ。

 

6月からこちらの新学期なので子どもたちはすぐ近くの学校の入学手続きをしたが、前期のみ(6月から11月まで)になるようだ。

 

こちらでの生活の生活費が本国より高くつくということや、さまざまな不便さで非常にストレスフルな日々となっていたらしい。すごいあれこれ困った点について語っていた。しかも、この1週間程は体調を崩してほぼ寝ていたそうだ。

 

こっちには欧米人の移住者は多いし、彼のようにフィリピン人の若い奥さんと再婚という人が多いが、先進国でしかもアジア圏以外から来た人にとっては、ここはすごいストレスが多い不条理な国に感じるだろうとは思う。

 

彼らは非常に気さくで気の良い率直な人たちで、私たちは彼らが新しい隣人となって良かったが、なんで彼らはここに住もうと思ったんだろう?CAへ戻ったほうがずっといいのに……とは私自身が感じていた。

あと半年ぐらいになるかもしれないが、ご家族にとってここで思い出深い日々が送れるといいなと思う。